オンラインカジノのルーレットには賭け方の工夫が必要

カジノで花形と呼ばれるルーレットは、見ているだけならシンプルなルールに見えるのですが、実際には賭け方などに工夫を要するゲームです。まず、ルーレットとひと言でいっても、カジノではヨーロピアンスタイルとアメリカンスタイルの2種類が存在しています。この2つの違いは「0」の数で、ヨーロピアンスタイルには「0」が1つしかないのに対し、アメリカンスタイルでは「0」と「00」の2つがあるため、当選確率は必然的にヨーロピアンスタイルの方が高くなります。

カジノのルーレットはディーラーが投げるボールがどの枠に落ちるかを予測するゲームのため、0~36の数字、つまり37分の1の確率で当たる可能性があります。しかし、1つの数字だけを狙っても高配当が期待できる反面、勝率はほとんど諦めることになるので賭け方を工夫することになります。

ルーレットには数字だけでなく、その周囲に赤もしくは黒色がつけられていますが、この2色を予想した賭け方も可能です。赤の数字が18個、黒の数字も18個と2つに分かれているため、単純な計算で勝率5割の勝負ができます。また、数字を使った奇数、あるいは偶数に対しての賭け、全36個の数字をハイとローに分けての賭け方も存在します。実際には「0」があるため勝率が2分の1とはなり得ませんが、ほぼ半分の確率で当たるので、高配当は期待せずとも様子見などでプレイする際に役立つ方法です。勝率を捨てて高配当を狙うならダズンやカラムなど、12個ずつの数字を絞った賭け方もありでしょう。他にもラインやコーナー、ストリートなど様々な賭け方があり、それらを駆使することで勝率や配当を調整できます。最初はわかりづらいルールかもしれませんが、慣れると自然と体が動いてくれるのでゲームに集中して楽しむことができます。