カジノのポーカーの賭け方の種類

カジノのポーカーをプレイする際に役は知っていても、賭け方やタイミングが分からないというのは初心者が多く抱える悩みです。実際にカジノでポーカーをやりながら覚えていくことが、最も理解するのは早いですが、前提として知っておきたい人もいるでしょう。ここでは、カジノでポーカーをプレイする際の賭け方についてみていきます。

ポーカーにおけるプレイヤーが取れる賭け方のアクションは6つです。参加するコール・賭けるベット・上乗せするレイズ・勝負をやめるフォールド・パスするチェック・全部を賭けるオールインがあります。コールはそのタイミングで場の金額に合わせた額を賭けてゲームに参加することを意味します。ポーカーでは一番大きな金額に合わせることがルールなため、次のカードを見るためにコールを選択するかどうかは重要なポイントです。ベットは誰もベットしていないタイミングでチップを賭ける行動です。レイズはベットやビッグブラインド(強制参加料)の金額より上乗せして勝負することができます。フォールドは勝負をやめる際に使用しますが、初心者は誰もベットしない場合でも手札が弱いとフォールドしてしまう人がいます。チェックすることで次のカードが確認できるため、可能性を狭めてしまうだけでなく初心者であることも見抜かれてしまうため、ベットやレイズがあってコールしなければ参加できない場合に使用しましょう。チェックは誰もベットしていないタイミングで賭けずに順番を回します。他のプレイヤーの選択や、あえてチェックすることで揺さぶりをかけるなど心理的にも作用しやすいアクションです。オールインはその時点の全てのチップを賭けることです。オールインもしくはフォールしか選択肢がない状況もあります。

ベットは何も賭けられていない状態、レイズは賭け額に上乗せする意味がありますが、これにビッグブラインドが関係すると混乱してしまう人もいます。最初のターンはブラインドが最初から「賭けられている状態」ですので、ベットすることはできません。変わりにビッグブラインドに上乗せしてレイズすることは可能です。