テキサスホールデムのベットにウィナーズ投資法を活用する

テキサスホールデムとはポーカーの遊び方の一種で、別名ポーカーホールデムと言います。日本でおなじみのポーカーの遊び方は最初にプレイヤーすべてに5枚のカードを配り、不要なカードを交換して難易度の高い役を狙いますが、テキサスホールデムでは最初にプレイヤーすべてに2枚のカードを配った後で、最大5枚の全プレイヤー共通カードコミュニティカードを利用して役を狙います。プレイ人数は2-10名で、アメリカ合衆国のカジノで最も人気のあるゲームの一つです。

ウィナーズ投資法はカジノや競馬等のギャンブルの世界において有名な投資方法です。その投資方法は、最初に投資する金額を決めます。この額が大きければ大きい程リスクは高くなるのですが、ここでは仮に1ドルとします。最初の投資で勝利すればセット終了で何も記載しません。最初の投資で負けた場合はノートに1と記載します。以降は負けた場合の手順です。2戦目で勝った場合は1戦目で負けたときに記入した1を消します。数字がなくなればセット終了です。2連敗した場合は1・1となります。以降は負けた場合は左端の数字の2倍の数値を右側に追加します。つまり1・1・2です。勝った場合は左端から数値を消していき数字がなくなればセット終了です。

テキサスホールデムにウィナーズ投資法を活用する場合はまず少ない投資で試してみることをお勧めします。具体的には最初に投資する金額を少なくすることです。何度か試してみて継続して利益を出せるようなら採用すべきでしょう。ウィナーズ投資法にはリスクがあり、1勝1敗で勝負が進んでいき右端の数字が大きくなればなるほど大きく損を出す可能性が高くなります。その場面に遭遇することで実際に合っているか判断できます。