ポーカー等で有効な資金管理法「パーレー法」とは

ポーカーやバカラなどカジノを攻略する上で欠かせないのが事前に考えた資金管理法です。勝負のリスクをしっかりと踏まえ、感情を排除し一貫した資金管理を行うことが大切です。多少の連敗で熱くなってしまい、取り戻せないほどの大きなベット、損失を抱えてしまっては勝負を続けることはできなくなってしまいます。
ウィリアムヒルで攻略したオッズを見つけてみることも重要です。

資金管理の方法として有名なものに「パーレー法」があり、ポーカーなどで頻繁に用いられています。この方法は有名なマーチンゲール法の逆を行うというベット方法です。マーチンゲール法は負けるたびにベット額を倍額していくことで一度でも勝つことができれば、負け額のすべてを取り戻すことができるという方法です。一方でパーレー法は、勝った場合に賭け額を倍額していくことでより大きな勝ちを狙いに行くという方法となります。負けた場合には賭け額を増やさないため、マーチンゲール法の欠点であったあまりに大きな連敗をした場合に資金がパンクするというリスクはありません。

パーレー法を使用する場合に注意しておきたいのが、連勝したときのどこで賭け額を増やすのをやめるかを事前に設定しておくことです。いつまでも倍額に賭けていてはいずれ訪れる負けによってすべての勝ち額を失ってしまいます。そのためどれぐらいの利益が欲しいのかをあらかじめ自分で考えておき、それを超えた場合には勝負をやめる、または最初の賭け額に戻すといった行動が大切になります。一般的な目安としては3連勝や5連勝ほどでベット額をリセットする人が多いようです。とくに3連勝でやめるパーレー法は「グランパーレーオブスリー」と特別な呼ばれ方をするほど一般的な賭け方となっています。ポーカーなどの資金管理にぜひ活用してみてください。