ポーカーをグッドマン1235法で儲ける

ポーカーは配ったり、交換したりするカードはランダムであるため、実力だけでなく運も必要になります。逆にいうと、運が良いと熟練者にも勝てることがあります。運が良いときは素人でもポーカーで勝ち続けることがあり、運がどこかで止まると負け続けてしまいます。素人でもポーカーで儲けるためには、うまく掛け金をコントロールできるかによります。その方法の一つとして連勝に強い掛け金を設定するグッドマン1235法があります。

グッドマン1235法のやり方は簡単でネーミングの通りに掛け金を設定することです。1ゲーム目は1ドルの掛け金にして、勝ち続ければ1235法というように4連勝すれば5ドルまで掛け金を増やしていきます。ゲームに負けてしまったら、掛け金を1ドルにリセットします。例えば、3ゲーム目で負けてしまえば、掛け金は3ドルの状態ですが、4ゲーム目の掛け金は1ドルに戻します。また、1ゲーム目で連敗すれば、1ドルのままになります。

連勝時に掛け金が増えるので利益が大きくなり、連敗時には掛け金が少ないので損失が小さくなるのがグッドマン1235法の特徴です。ポーカーを10ゲーム行って、最初の5ゲームは勝ち続け、残りの5ゲームを負け続けたとします。グッドマン1235法を利用すると、5勝5敗の勝率5割でも7ドルの儲けになります。グッドマン1235法にもデメリットがあります。連勝がなければ効果がないことです。連勝がまったくなく、勝ち負けが交互に起こる5勝5敗になってしまうと儲けではなく、損失になります。あくまでも自分に勝ち運が巡ってきて、その運を使い果たすまでポーカーをするときに利用するのがとても適しているといえます。
その他にもオンラインカジノランキングに初心者向けゲームがおすすめされています。