バーネット1326法を駆使してルーレットを勝ち抜く

カジノの花形とも呼ばれるルーレットは、ベットしてリールを回すだけのビデオスロットとは違い、賭け方によって戦略的な勝負ができることでも人気があります。赤または黒か、奇数または偶数かのイーブン勝負だけでなく、ダズンやカラム、ラインにコーナーなど細かい賭け方が自由にできるだけでなく、勝率が低くなるかわりに高配当が期待できるのがルーレットの醍醐味です。
ルーレットはオンラインカジノランキングにも人気とされています。

当然ながら勝率が低くなれば負け越してしまう可能性もあるので、負けるリスクを減らして堅実に勝っていく方法が必要になってきます。ルーレットには様々な投資法が編み出されていますが、その中でも負けを抑えつつ穏やかに勝つマネジメントとしてバーネット1326法があります。バーネット1326法はその名の通り、ベットするチップの数を数字の順番で変えていく手法で、負けた場合に賭け金を増やしていく戦略とは違います。勝った場合のみ賭け金を増やしていくので、勝率がイーブンになりやすい赤または黒、奇数または偶数といった勝負にピッタリの戦法と言えます。

バーネット1326法のやり方は非常に簡単で、勝った場合のみ「1、3、2、6」とチップを賭けていくことになります。どこかで負けた場合や「6」まで勝ち越しても「1」に戻ることを繰り返すため、初心者でも簡単に実践することができます。勝ちが続くようなら「6」の位置から動かずにずっと「6」を繰り返していってもそれなりの利益をあげることができますし、連続で勝てる見込みがないのなら途中で「1」に戻っても問題ありません。投資するタイミングを自由に設定できるのもバーネット1326法の特徴で、冷静にこの方法を繰り返せば最小のリスクで勝負ができるのです。