カジノは21歳からという国もある

カジノで遊べる年齢は国の法律によって左右されるので、どこの国でも同じ年齢から楽しめるわけでもありません。まず世界で最も有名なラスベガスのカジノの場合には年齢は21歳以上でプレイができるようになっています。日本で言う成人の年齢になってもラスベガスではカジノはできません。年齢確認を入場時に行っていることがかなり多いので、パスポートやIDカードの提示が求められます。その際に年齢確認が出来なければ入れないのでラスベガスのカジノに行く場合には必ず身分証を離さず持っておくことが大事です。ラスベガスのみならずマカオのカジノでも21歳以上からという年齢制限が設定されているので、これから海外でプレイするかたは必ずその国のプレイできる年齢を調べてから渡航をするように心がけましょう。

21歳以上でなくてもプレイを楽しめる国は存在します。有名なところでは韓国とオーストラリアがそれにあたり、18歳あるいは19歳から楽しむことが可能です。日本で言う未成年でもベットを実際に賭けて一攫千金を夢見ることも可能ですので、21歳行かだけどカジノには行ってみたいという方は、韓国かオーストラリアに出かけて楽しむの良いでしょう。これらの国は格安航空券や格安ツアーが幅広く販売されているので、学生さんでも気軽に旅行に行くことができます。青春の一ページをギャンブルの旅行で飾ってみたいという方にも最適な楽しみ方ですので、未成年でどうしてもカジノで遊んでみたくなったら、韓国かオーストラリアに行くことにしましょう。もちろん遊ぶためには未成年でもそれなりの資金を用意する事が大事です。

日本人は満年齢が21歳以上でも欧米諸国の人から見るとかなり若く見えるので、頻繁に年齢確認を求められることがあります。その際には英語で書かれた身分証明証が一番役に立ちますから、国内で使っている免許証や学生証を見せるのではなく、国際免許証かパスポートを提出しましょう。そこに書かれている生年で判断してもらえるので、年齢確認もスムーズに行きます。きちんとその国の法律とルールを守って楽しむことが一番ですので、年齢をごまかしてプレイするのではなく、正々堂々と満年齢になってから楽しむようにしましょう。もし年齢を偽ってプレイしていたことがバレてしまった場合には、処罰を受けることもあるので、海外旅行でカジノに行く予定があれば、21歳以上からプレイできる国なのかどうかを確認しましょう。ちなみにネットカジノランキングで定評のあるオンラインカジノでもジャックポットシティカジノは21歳以下でも遊べます。