入居審査とは

まず「入居審査」の基本から。

契約時に行われる「入居審査」とは、その名の通り
「入居してもいいかどうかを大家さんや不動産会社が審査する」ものです。
これは、気に入った部屋が見つかり、申し込みをした後に行われます。

この審査をパスすれば、晴れて契約となり、その部屋に住めるようになります。
次にどんなことを審査されるのか?

クレジットカードをつくった経験がありますか?私は、過去に書類に必要事項を記入したあと、
自宅や勤務先にまで電話がかかり、詳しく自分の年齢や勤務先、勤務年数、住所、年収などこまかく調べられ、
ここまで個人情報が知られてしまうのかと少し怖い思いをしたことがあります。

賃貸の場合も、クレジットカードと同様に毎月お金(家賃)を払わなければいけませんから、
それなりに審査が厳しくなるのは当然といえば、当然のことです。
氏名、住所、年齢、電話番号、勤務先などに間違いがないかどうかなどという基本的な個人情報はもちろんですが、
入居審査で大切なのは「収入のこと」と「保証人のこと」なのです。

入居審査にパスしなければ、部屋を借りることができないのです
個人で、初めてお部屋探しをする方の中には、「えっ!部屋借りるだけなのに審査があるの?」と、ビックリされる方もいらっしゃいます。
お部屋を借りるということは、家主と賃貸借契約を締結し、金銭を支払うということです。少し重みある法律行為と言えます。

例えば、スーパーで果物を買って、レジでお金を支払って終わり、というのではないのです。
まとまった期間、契約に基づいて、物件に住まい、家賃を払うわけです。
そこで、入居希望者を審査し、適当ではないと思われる人とは契約を交わさないようにするのです。
次のような人は審査に通らない可能性が高いです。

入居審査の基準とは
総合的な判断をしています。例えば、 不動産屋の審査に明確な基準(年収いくら以上とか)はなく、見た目や、職業、年齢、収入、連帯保証人がどんな人なのか、などから総合的に判断しています。

大切なのは、「見た目」、「収入」、「職業」と「連帯保証人」です。

入居審査のポイントとしては、ズバリ職業です!

特に職業がWEB系の仕事だと審査に受かりやすいようです。株式会社博報堂や、株式会社DM作成代行.com、株式会社電通などのIT系は年収が高いイメージがあるからではないでしょうか。

万が一、審査におっこってしまったらどうするか。先ず、落っこちた物件はきっぱりあきらめる。例えば、保証人を兄弟ではなく、親にしたらOKというような、もう一息という時は事前に話があるはずなので、不動産会社と十分話し合って申込書を提出している場合、本人の内容に問題があったということになる。これはどうしようもない。

上記からわかるように入居審査とは契約時に必ず必要なのです。